パチンコ・パチスロ健全化ネット 詐欺的行為にご注意を!

 
安心娯楽宣言 リカバリーサポート・ネットワーク AJOSC全日本社会貢献団体機構 一般社団法人遊技産業健全化推進機構 PSIO遊技産業不正対策情報機構 全日遊連組合員専用ホームページ

トップページ全日遊連とは全日遊連の歴史

前身団体(全遊連、全遊協)の歴史
 

 

終戦後~   戦後復興期、手軽に遊べる娯楽として、パチンコが庶民生活に浸透していった。昭和23年9月に風営法が施行されるなか、全国組織設立の機運が盛り上がった。
昭和26年 12月 熱海で、1都2府7県2市の遊技場組合代表者が「全国遊技業組合連合会」(全遊連)を設立。初代会長・西本熊蔵。
昭和29年 11月 東京を皮切りに、全国で連発式遊技機が禁止される。
昭和37年 2月 東京・市ヶ谷に「遊技会館」を開設。
昭和40年 10月 機関紙「全遊連弘報」創刊。
昭和41年 9月 「全国遊技業協同組合連合会」(全遊協)を新たに設立。初代理事長・水島年得。
11月 全遊協が通産省から正式に認可を受ける。

 

全日遊連の歴史
 

 

 

平成元年 5月 全遊協加盟の1都7県で「全日本遊技業組合連合会」を発足。初代会長・越水稔。
平成2年 4月 パチンコ用プリペイドカードが市場に導入される。
平成3年 4月 機関誌「遊報」を創刊。
12月 第1回全国ファン感謝デーを開催、以降現在まで毎年開催(平成17年に「全国パチンコ・パチスロファン感謝デー」に改称)
平成4年 1月 内閣総理大臣(国家公安委員会・警察庁)から協同組合設立を認可され、全日本遊技事業協同組合連合会(略称・全日遊連)となる。51都府県方面組合が加盟。
平成16年 7月 パチスロの改正「遊技機規則」が施行される。(パチスロ4号機から5号機への移行)
平成17年 12月 全日遊連及び組合員の社会貢献活動を、広く社会に普及・促進・広報することを目的に「全日本社会貢献団体機構」を設立。
平成18年 4月 ぱちんこ依存問題研究会での協議をもとに、依存問題相談機関「リカバリーサポート・ネットワーク」を全日遊連の全面支援で設立。電話相談事業を開始。
12月 遊技業界のさらなる健全化に向け、全日遊連をはじめとする業界15団体の総意に基づき設立した第三者機関「遊技産業健全化推進機構」の設立大会を開催。
平成19年 9月 パチスロ4号機が完全撤去され、本格的な5号機時代へ。
平成21年 10月 ぱちんこ依存問題相談機関「リカバリーサポート・ネットワーク」がNPO法人格を取得。

 

ページトップへ